樋口健二

Kenji Higuchi 


profile: 1937年 長野県富士見町生まれ

東京綜合写真専門学校卒業後、同校助手を経て、フリーのフォトジャーナリストになる
1969年 四日市公害を7年間にわたり追い続けた写真展「白い霧とのたたかい」
1981年から 原発被曝の実態」の講演会を各地で開始

1983〜84年 写真展「毒ガス島」(隠された悲劇の島)を東京・大阪・名古屋のキャノンサロン、広島平和記念資料館他で開催

1985年〜 写真展「原発」全国巡回で開催

1987年 ニューヨークでの第1回核
被害者世界大会で、日本の原発被害実態を報告   スリーマイル島取材

1987〜88年 写真展「原発」「四日市」を台湾各地で開催

1988年 世界核写真家ギルド展に「原発」を出展    ベルリン・モントリオール・トロント・ミュンヘン・フィラデルフィア他で開催

1990〜93年 日本の報道写真家4人展に「原発」を出展  パリ・ベルリンで開催

1995年 日本の報道写真家4人展開催  ベルリン・ハノーバー他で開催

1995年 イギリスのチャンネル4が、レポーターに起用 「日本の原発ジプシー」を追うテレビドキュメンタリーを制作・放映

1996年 「四季・武蔵国分寺」を4月9〜12日、国分寺Lホールにて開催

2001年 写真展「原発被曝の実態」3月2〜31日、外国人特派員協会ロビーとギャラリーにて開催

2006年 写真展「憧憬富士」を11月16〜22日、オリンパスギャラリー(東京)にて開催

2012年 写真展「原発崩壊」を4月〜5月、オリンパスギャラリー(東京・大阪)にて開催

その後 各地で 原発と被曝労働者の実態・その真実を講演依頼が続き開催中

Awards

受賞歴
1974年国連主催世界環境写真コンテスト・プロ部門「四日市」入賞。

2001年核廃絶NGO「ワールド・ウラニウム・ヒアリング」(本部ドイツ)創設の「核のない未来賞」教育部門賞を日本人として初受賞。

2011年「第17回平和・協同ジャーナリスト基金賞」大賞を写真集「原発崩壊」で受賞。

Works

写真集

  • 樋口健二 『四日市 樋口健二写真集』六月社書房1972年ASIN B000J9O2HO
  • 樋口健二 『フォトドキュメント 原発 樋口健二写真集』 オリジン出版センター、1979年8月。ASIN B000J7X3C6
  • 樋口健二 『毒ガス島 樋口健二写真集 大久野島毒ガス棄民の戦後』 三一書房、1983年8月。ISBN 978-4-380-83257-4
  • 樋口健二 『山よろけ 北海道じん肺 樋口健二写真集』 三一書房、1992年4月。ISBN 4380922227
  • 樋口健二 『原発 1973年~1995年 樋口健二写真集』 三一書房、1996年8月。ISBN 4380962520
  • 樋口健二 『樋口健二報道写真集成―日本列島’66‐’05』 こぶし書房、2005年7月。ISBN 9784875591948
  • 樋口健二 『原発崩壊〜樋口健二写真集』 合同出版、2011年8月。ISBN 9784772610346

■ 樋口健二 『増補新版 毒ガスの島』こぶし書房、2015年6月。

  • ISBN-10: 487559304X ISBN-13: 978-4875593041。