10/16樋口健二氏&小出裕章氏講演会開催しました!③350.orgの活動に触れて

魚ずみです。

350.org Japan のShinくん、Ianくんと出逢っていたおかげで、
こうした 脱原発、さよなら原発、Nonukes❗
という立ち位置の行動をしてきて
権力に押し潰されていく日本にあって
私がどうしてもしたかった
樋口健二さんと小出裕章さんと一緒の講演会&トークディスカッションを開催することができて
その上に、MyBankMyFuture というアクションを伝えることにも繋がりました。

国会前で、毎週毎週毎週 
座り込みをしている御高齢の80代以上の方々の必死な脱原発、脱被ばくアクション。
この人たちの人生の大半を
こんなアクションばかりに費やさせるのは本当になんて日本なんだ❗と
思っています。
だから、可能性を探したい❗
平和な地球のエネルギー社会を実現したい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
土と平和の祭典
行きたかった❗でも、私はこの主催した
『樋口健二さんと小出裕章さんの講演会&トークディスカッション』
後半のトークディスカッションで
350.org Japan のことを伝え
化石燃料・原発関連企業への投融資を
みずほ銀行、三菱UFJ、三井住友、等々大手銀行が率先してしているという
チラシ『MyBankMyFuture』のアクションをお伝えしました。
すると、
この樋口健二さんと小出裕章さんの講演会終了後
このMyBankMyfuture・Divestmentへ
興味を強く持ち、
名古屋で広めたい❗伝えたい❗と
チラシを持っていった人や
町田でも広めたい❗とチラシを持っていった人や
わざわざ個人メールをくださり
この講演会の感想と共にDivestmentに関心を寄せた❗と言ってきてくれた参加者のかたも
あり
脱原発への道はこんなところにもあるのだ❗と伝わったことが実現しました。

その要因のひとつは
このフォトジャーナリストの
樋口健二さんも 数ヵ月前にご自宅にこの動きを伝えた時に、
「これからはこうした動きが必要になる。この動きは素晴らしいね🎵」と
まっさきに350.org の動きを賞賛してくださったことと、
この講演会の最中になんと
小出裕章さんも、
「個人的に、銀行を城南信用金庫に変えています」と
発表してくださったことが大きいと思いました。
脱原発のアクションのみなさんに
絶大な信頼を受けている小出裕章さんが
この発言をしたことで
このMyBankMyFutureが、脱原発の方々に広がる大きなきっかけとなったのではないかと
感じました🎵
良かった❗

東電、政府へ、福島復興とその責任を取らせることが優先順位であることは
小出裕章さんの仰る通りで
本当に、原発関連はすべて裁判しても負け続けるという、
司法は政府の味方 という悲惨な現実。
悲しすぎる。

そして、でも、このままでは嫌だ❗と本当に思うとき
全く違う次元の方法を、350.org  から知れたとき
とても希望が見えました。
これもひとつの大きなこと。

再生可能エネルギーへシフトすることにも大きな可能があるから。