「毒ガスの島」写真展報告③

ルイサイト工場で、戦時中働かされていた当時15歳だった藤本安馬さんです。毒ガスの後遺症で苦しみつつその被害や隠蔽を伝えたく生きている間こうして活動してくれています。

Posted by 樋口 健二 on 2015年8月17日