津田塾大学にて講演を行いました

4月23日 小平市の津田塾大学にて樋口健二の講演を行いました。

定員600名の講義室にたくさんの生徒さんたちが集まっていました。


講演後の茶話会にも参加した生徒さんは、

もともとジャーナリズム、真実を報道するということ、差別や労働問題などへの問題意識を持っていたことや、被曝労働をなんとかしなければならないと考えていたこと、樋口の話の話を聞いたことでさらに問題意識を持つようになったことなど話してくれました。


若い女生徒たちの、真実を知ろうとする姿勢やはっきりとした目的意識が

素晴らしかったです。


一般の方も茶話会に参加され、自分の思いを話してくれました。

樋口も彼女たちとの交流をとても喜んでいました。

新たな出会い、新たな情報に触れることができた素晴らしい時間でした。


若い世代へ、被曝労働の真実をさらに広げていきたいと思った一日でした。


(文責 くまがい)

樋口健二Facebookページにも講演の様子をアップしています。

ぜひそちらもご覧ください。

https://www.facebook.com/pages/%E6%A8%8B%E5%8F%A3-%E5%81%A5%E4%BA%8C/1416224755257006